彼女が出来るまでの2ヶ月間の私の体験談

MENU

彼女が出来るまでの2ヶ月間の私の体験談

 
外見が悪く、女性とのコミュニケーションに自信がない男が、一念発起してたった2カ月で、人生初の彼女を作った話。この話には、彼女が欲しい男性にとって、多くの共感と教訓が入っています。なぜなら、この話は、26年間という長い間彼女ができなかった私自身のリアルな体験だからです。

 

今から、私に彼女が出来るまでの2カ月間の体験談をお話しさせて頂きます。このまま彼女がいない歴をただただ更新し続ける日々に終止符を打つために、彼女が欲しい男性の参考になることを願っています。

 

 

キッカケは、今でも忘れられないあの失恋だった!

私が彼女を作る!と決意したキッカケは、失恋でした。私は、職場の同期の女性Nさんを好きになりました。

 

しかし、私は、自分の外見が悪く自身がありません。そして、女性とのコミュニケーションにも自信がありません。

 

なにせ26年間彼女なし男ですから、女性に対して自身が全くなかったのです。そんな私でしたが、さすがに26年間も彼女がいないとなると、我慢の限界でした。

 

 

「彼女が欲しい!」

 

この強い思いが、Nさんへのアプローチを後押ししました。アプローチといっても恋愛力が全くない私は、どうしていいのか分からないまま、ぎこちないメールのやり取りや日常の会話を頑張っていました。しかし、Nさんの思いが少しも私に向いていないことはわかっていました。

 

 

 

それでも、

 

「オレを好きになって欲しい!」

 

この気持ちが抑えられず、私は意を決して告白をしたのです。

 

 

 

「Nさん。。。 あなたのことが好きです。。。 僕と付き合って下さい。」

 

 

心臓がバクバクし、しどろもどろの私の告白に、Nさんは、

 

 

 

「あなたは恋愛対象には見れない」

 

 

今まで見たことのない冷たい顔でそう言うと、さっと去って行ってしまいました。

 

 

このとき、私は気づきました。
始めから、私は男として相手されていなかったということを。

 

 

それが分かったとたん、

 

「絶対モテてやる!絶対、彼女を作って見返してやる!」

 

という気持ちがムクムク湧きあがってきました。

 

 

泣きついた先輩からの教え

私には、決して外見が良いとは言えませんが、モテる高校時代の野球部の先輩がいます。私は、告白してフラれたあと、絶対彼女を作ってやると燃えていました!と言いたいところですが、正直泣きました。。。

 

 

さすがに26年間彼女がいなくて、あのフラれ方をしては、涙が自然に出てきて止められませんでした。そして、傷心した私が向かった先が、先輩のところだったのです。

 

 

始めは、先輩と野球部時代の面白い思い出話でもすると、少しは心が和らぐだろうと思ったのですが。先輩からもらったものは、安らぎだけでなく、彼女を作るための秘訣だったのです。

 

ブサイクなのにモテている先輩が実際に行っている、ブサイクでも彼女が出来てしまうテクニックを教わったのです。
先輩の教えは、3つありました。

 

先輩からの教え、モテない原因を探せ!

1つ目の先輩からの教えは、モテない原因を探せとのことでした。私は、先輩の言うとおり、自分がモテないと思われる原因を調べ、自己分析を行いました。ここで私が思ったことは、「やっぱりモテない人には、モテない原因がある!」ということです。私は、モテない原因があったから、彼女が出来ないままだったのです。

 

先輩からの教え、原因を克服せよ!

先輩の次の教えは、モテない原因を克服しろということでした。私のモテない大きな原因は、「不潔感があること」、「外見がダメダメ」、「コミュニケーションに自信がない」、「出会いがない」でした。

 

 

しかし、この原因を簡単に克服する方法を、先輩が教えてくれました。それは、@美容院で髪を切ること、A服は服屋の店員さんにコーディネートしてもらうこと、B爪を切る、Cヒゲをしっかり剃ることです。

 

この4つを実行した私は、自分で言うのもなんですが。外見と清潔さに関しては、見違えるようになりました。やはり美容師やファッションを専門にしている方などのプロにやってもらうと問題がすぐに解決されます。

 

先輩からの教え、出会いの数を増やせば彼女ができる!

外見と清潔感を変身させた私ですが、「コミュニケーションに自信がない」、「出会いがない」ということは克服されていませんでした。そこで、彼女を作る上で最重要なこととして先輩が言ったことを実行に移しました。それは、「出会いの数を増やせば、彼女ができる!」というのです。

 

その理由は、出会いが増えると、女性に慣れていない人でも、女性に慣れてコミュニケーション能力がどんどん上がっていくから。そして、出会いが増えると、自分のことを好きになってくれる女性が数人は現れるから、と先輩は私に教えてくれました。

 

 

思い切って出会いの数を増やした私に、起こったこと!

先輩が私に教えてくれた、「出会いの数を増やせば、彼女ができる!」を半信半疑ながら、実行に移しました。やはりどうしても彼女が欲しかったからです。今までと同じことをしていても彼女ができないことは、自己分析によって十分に理解していました。
だから、今までやったことのない出会いの数を増やすという行動を起こしたのです。

 

出会いの数は、先輩が教えてくれた通り、omiai、pairs、yycというマッチングサービスを利用しました。先輩が言うには、この3つのマッチングサービスは有名だから、安心して利用できる。そして、サクラがいなくて、彼氏募集中の可愛い子とも出会うこともできるとのことで、私は利用しました。

 

 

 
その結果、私に起こったことがあります。
それは、女性とのコミュニケーションに対して自信が付いてきたことと、自分に興味を持ってくれる女性が現れたことです。

 

まさに先輩が言っていた通りのことが起こったのです。それもそのはずです。コミュニケーションは、女性と会話をしないと上達しないし、女性とたくさん接しないと、女性には慣れない。そして、出会う人が数が多くなると、世の中にはそれぞれ性格の異なる多くの人がいるのだから、自分に興味を持ってくれる女性が現れる確率も高くなる。どれも当たり前のことですよね。

 

もちろん、出会いの数を増やし始めてから、女性から相手にされないことは今まで通り多々ありました。しかし、出会いを増やすことで、自分のことを好きになってくれる女性と出会えたことも事実です。しかも、自分に興味を持ってくれた女性は、1人ではなく、数人の女性です。

 

 

彼女がいる喜びと、人生が変わっていく喜び

現在、私には、彼女がいます。この結果は、出会いの数を増やすことで、得られた結果です。26年間彼女がいなかった私にとって、彼女との様々な体験は喜びでいっぱいです。

 

そして今は、彼女がいる喜びだけでなく、人生に対する喜びも感じています。仕事に対する意欲も以前とは違いますし、何事にも挑戦していこうという思いがあります。今では、野球部の先輩に対してはもちろん、自分を冷たくフった女性Nさんにも感謝しています。

 

 

私も辛かった、苦しかった!だから、自分と同じような人のチカラになりたい!

私は2カ月間で彼女が作ることができました。私は、私と同じように彼女が欲しいと思いながらも、何もできずに、ただただ時間が過ぎていくだけの人達がいることを知っています。そのような方は、今までの行動を続けていては、彼女ができることはありません。新しい行動をする必要があります。そこで、私は自分が「2カ月で彼女を作った方法」を、みなさんも簡単に実行できるように、テクニックをまとめました。是非、新たな行動を実行に移し、私と同じように彼女がいない苦しみから抜け出し、素敵な彼女を作って欲しいと思います。